菜園日記

  • H29.04.28新玉ネギ
     季節の菜園の様子を紹介します。  農作業写真日誌でしたが更新が進まず、菜園の様子をまとめる日誌に変更しました。

2017ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H29.05.15春キャベツ終了
    2016~2017年のブロッコリーキャベツ栽培の様子を報告します。

2016枝豆栽培

  • H28.06.07進む収穫
    2016年 枝豆栽培を画像で紹介します。

2016ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H28.03.20寒玉キャベツもそろそろ終わり
    ブロッコリー、キャベツ栽培を画像で説明します。

2015枝豆栽培

  • H27.06.30枝豆終了!
    2015年の枝豆栽培を画像で紹介します。

2014枝豆栽培

  • H26.07.09ソロソロ終了
     2014年の枝豆栽培、画像で紹介します。

2013枝豆栽培

  • H25.07.14枝豆終了
    2013年の枝豆栽培の様子を画像で紹介します。

2012枝豆栽培

  • H24.07.25枝豆最終日
    2012年の枝豆栽培を画像とともに紹介します。

2011枝豆栽培

  • H23.07.14残り僅か
    2011年の枝豆栽培記録を画像とともに紹介します。

2010 枝豆栽培

  • H22.07.24枝豆終了
     2010年の枝豆栽培の作業画像をアップします。興味のある人は参考にして下さい。

2009 枝豆栽培

  • H21.07.13枝豆終盤戦
     2009年度の枝豆栽培作業記録

2008 枝豆栽培

  • H20.07.22最終ロット収穫開始
    2008年の枝豆栽培の画像記録

2014ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H27.03.05春キャベツ土寄せ
    2014ブロッコリー・キャベツ栽培を画像で紹介します。

2013キャベツ栽培

  • H26.05.19最後の収穫?
    2013年のキャベツ、ブロッコリー栽培の様子を紹介します。

2012キャベツ栽培

  • H25.05.17出荷終了
     2012~2013年のブロッコリー、キャベツ栽培を紹介します。

2011キャベツ栽培

  • H24.05.07出荷終了
    2011-2012ブロッコリー、キャベツの栽培の様子を紹介します。

2010キャベツ栽培

  • H23.05.16最終出荷
     2010~2011年のキャベツ、ブロッコリー栽培の様子を画像と共に紹介します。

2009キャベツ栽培

  • H22.04.14春キャベツの収穫
    2009~2010年のキャベツ&ブロッコリー栽培の様子を画像と共に紹介します。

2008キャベツ栽培

  • H21.05.01終了間際の春キャベツ畑
    2008~2009の冬野菜、キャベツ、ブロッコリー栽培の画像記録

« 年金相談 | トップページ | 凶作、2作物 »

2015年5月22日 (金曜日)

尾瀬ヶ原を独り占め

 昨日、今日と泊りで尾瀬へ出掛けた。当初、来週の予定であったが天気予報がイマイチ、急遽変更となった。また、コースも三平峠~尾瀬沼~尾瀬ヶ原(宿泊)~鳩待峠の予定であったが尾瀬沼~尾瀬ヶ原間の白砂峠の積雪が多く危険との事で鳩待峠から尾瀬ヶ原散策へ変更となった。画像はその様子。

H270522_6H270522_5

H270522_4H270522_3
H270522_2H270522

 出掛けたのは暇を持て余している友人と無料のガイドの3人である。

 コースは鳩待峠~山の鼻~見晴十字路~元湯山荘(泊)二日目~東電小屋~山の鼻~鳩待峠で宿泊は尾瀬ヶ原最深部?の元湯山荘である。

 1日目は前線の通過に伴い冬型気圧配置、群馬、福島、新潟国境の尾瀬は天気がイマイチ、寒気も入り、寒風に押されるように尾瀬ヶ原を縦走である。寒かっ~た。尾瀬ヶ原はほぼ雪は解けていたが鳩待峠から山の鼻までは画像のように行程の半分は深い残雪である。

 水芭蕉の開花もこれからピークであろうが尾瀬ヶ原の至る所で見ることが出来た。

 二日目は早朝の気温が-3℃と強い冷え込み、下界とは大違いである。天候は回復して晴天と好条件であった。午前7時に山小屋を出発、朝の尾瀬ヶ原を独り占めである。多くの登山者とすれ違う事(ストレス)も無く、実に爽快であった。

 最後は逆さ燧、逆さ至仏?である。尾瀬が原は通常、草原であるがこの時期、雪解け水で画像のように水浸し、「逆さ至仏」が見られたのはラッキーである。

 このコースで一日4~5時間程度の行程、標高差も無く、お気楽ハイキングであった。また、二日間は気温も低く、汗を流す事も無くデブには最適なハイキング日和であった。また、今週末から人出が多くなるとの情報であるが5月末は混雑も無くお勧めである(閑散期で宿泊費も安い)。

 至仏山、三条の滝など名所はあるが現行、積雪が多く、至仏山は入山規制(7/1山開き)、三条の滝は展望台が閉鎖中とのことであった。

 昨晩は山小屋の支配人の尾瀬講話もあり、今日は午前中に鳩待峠に戻り、帰りながら日帰り温泉と楽しい時間を過ごす事が出来た。

 今後の予定では暇な7月、10月上旬にタイミング良く、尾瀬に行きたいと考えている。あ~楽しかった。

« 年金相談 | トップページ | 凶作、2作物 »

コメント

羨ましいくらいな骨休みですね。
こんな雄大な景色は、こちらではちょっと無理ですね。

還暦過ぎなので、あまり無理をせずボチボチ行きましょう。

 コメントありがとうございます。楽しかったです。魅力のない県で最下位争いの群馬、良い所は色々とあります。
 今回は山登りではなく平坦な湿原歩きで楽でした。しかし、私の持病?睡眠障害で枕が変わると眠れなくなり、これが宿泊しての山歩きは問題ですね。昨晩は反動で爆睡でした。
 下界では高気温、少雨の注意報、渇き過ぎですね。
 ブログのコースなら老人、子供でも可能です。ぜひご夫婦でお出かけください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ヶ原を独り占め:

« 年金相談 | トップページ | 凶作、2作物 »