菜園日記

  • H29.04.28新玉ネギ
     季節の菜園の様子を紹介します。  農作業写真日誌でしたが更新が進まず、菜園の様子をまとめる日誌に変更しました。

2017ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H29.05.15春キャベツ終了
    2016~2017年のブロッコリーキャベツ栽培の様子を報告します。

2016枝豆栽培

  • H28.06.07進む収穫
    2016年 枝豆栽培を画像で紹介します。

2016ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H28.03.20寒玉キャベツもそろそろ終わり
    ブロッコリー、キャベツ栽培を画像で説明します。

2015枝豆栽培

  • H27.06.30枝豆終了!
    2015年の枝豆栽培を画像で紹介します。

2014枝豆栽培

  • H26.07.09ソロソロ終了
     2014年の枝豆栽培、画像で紹介します。

2013枝豆栽培

  • H25.07.14枝豆終了
    2013年の枝豆栽培の様子を画像で紹介します。

2012枝豆栽培

  • H24.07.25枝豆最終日
    2012年の枝豆栽培を画像とともに紹介します。

2011枝豆栽培

  • H23.07.14残り僅か
    2011年の枝豆栽培記録を画像とともに紹介します。

2010 枝豆栽培

  • H22.07.24枝豆終了
     2010年の枝豆栽培の作業画像をアップします。興味のある人は参考にして下さい。

2009 枝豆栽培

  • H21.07.13枝豆終盤戦
     2009年度の枝豆栽培作業記録

2008 枝豆栽培

  • H20.07.22最終ロット収穫開始
    2008年の枝豆栽培の画像記録

2014ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H27.03.05春キャベツ土寄せ
    2014ブロッコリー・キャベツ栽培を画像で紹介します。

2013キャベツ栽培

  • H26.05.19最後の収穫?
    2013年のキャベツ、ブロッコリー栽培の様子を紹介します。

2012キャベツ栽培

  • H25.05.17出荷終了
     2012~2013年のブロッコリー、キャベツ栽培を紹介します。

2011キャベツ栽培

  • H24.05.07出荷終了
    2011-2012ブロッコリー、キャベツの栽培の様子を紹介します。

2010キャベツ栽培

  • H23.05.16最終出荷
     2010~2011年のキャベツ、ブロッコリー栽培の様子を画像と共に紹介します。

2009キャベツ栽培

  • H22.04.14春キャベツの収穫
    2009~2010年のキャベツ&ブロッコリー栽培の様子を画像と共に紹介します。

2008キャベツ栽培

  • H21.05.01終了間際の春キャベツ畑
    2008~2009の冬野菜、キャベツ、ブロッコリー栽培の画像記録

« 中途半端な・・・・ | トップページ | 遺跡調査説明会 »

2013年2月18日 (月曜日)

枝豆栽培用トンネル作り

 枝豆栽培用のトンネル、合計6本の内、2本を本日完成させた。播種は来月であるがこの促成栽培用のトンネルは風の無い日でないと作れない、この時期、殆ど毎日風が吹くし、ブロッコリーの収穫の無い日・・と大分早いが暇な内にトンネル作りを行っている。画像はその様子。

H250118_2
H250118
 毎回記載しているがこの樹脂シート(ユーラック)のトンネル作製は風との闘いとなる。画像(上)のようにトンネルシートを張り上げた後、杭を打ち、ビニール紐で強力に固定しないと上州名物空っ風に破られたり、吹き飛ばされてしまう。この為、トンネル作りも途中で中断することは出来ずこの紐掛けまでしないと作業終了できない。

 今日は昼から雨の予報、また、午前中に遺跡調査(上武道路関連)の説明会などあり、早朝から大忙しで完成させた。それでも早朝は風もなく、作業は順調であった。

 促成栽培は合計トンネル6本、内訳は極早生の「雪印種苗、月夜音」3本&中早生「カネコ種苗、湯上り娘」3本である。一人農業、収穫出荷能力が低いのでトンネル1本ずつ、播種時期を1週間程度、間隔を開けて栽培する。両品種を同時に播種しても生育期間が異なるので収穫が重なることはない。

 私は基本的に秋冬野菜農家でこの畑だけ、ブロッコリーと枝豆の2毛作となる。この時期、この畑に枝豆の種蒔きを行う為にはブロッコリーの栽培は極早生種との組み合わせとなる。昨年の12月にはブロッコリーの収穫を終え、施肥と耕運を行い畑の準備を行った。

 「畜産さん」のコメントで「どの様に一人でトンネルを作るのですか?」との質問でしたが一人農業、何でも一人で行っています。

 最近、感心したのは沙羅選手、深夜にジャンプ中継を見たが他の選手と比べると驚くばかりの強さである。また、ロシアの隕石騒動、これは避けられないが東京など人口密集地に落下する可能性は宝くじ3億円当選より確率は低いらしいが人間は無力である。毎日、悔いの無いように生きなければ???

« 中途半端な・・・・ | トップページ | 遺跡調査説明会 »

コメント

前にも聞いたかも知れませんが、播種の前にトンネルを作る理由は。播いた後でまた張り直すのは2度手間では。

 コメントありがとうございます。その通りです。播種した直後にトンネルを作りたいのですがトンネルを張るには無風でないと作業が出来ません。しかし、群馬県は風が強い日が多く、タイミングよく張れないので予め完成させて、播種時にはトンネルの片側を解放し作業を行います。固定の紐があるので播種後、風があってもシートを戻すことが出来るのです。この準備があれば好きな日に播種が出来ます。この様な理由です。

一人農業、毎回ためになる記事ばかりです。
最後のヒモを交互に張る作業ですが、
どうも一人だと時間がかかります。
レタスのトンネルを作った時にはたまらずもう一人ヘルプを呼びました。
ogawaさんはトンネルをまたいでひっかけていくのでしょうか?
それとも棒か何かで向こう側のヒモを引っ掛けてますか?
ヒモ張り作業が一人で早くできないかと考えていますが、
いい方法が浮かびません。
もし、よければ教えて下さい。

 畜産さんコメントありがとうございます。その通りですね。当初は嫌がる家内を連れ出し、お手伝いをお願いしました。翌年からは栽培用の支柱の先に針金でU字の金具を取り付け紐をトンネル越に杭の引っ掛かりに引っ掛けます。

IU
I
I
I
I の様な支柱とU字の金具です。
 何とかなりますよ。嫌がる嫁を呼ぶより楽です??


教えてもらってありがとうございます。
確かに嫌々な顔されるので声かけにくいです。
ヒモはねじれないようにしないとビニールが破れやすいと聞きました。
新品の巻いたままのマイカ線は、
よりを戻しながらしないとどうしてもねじれますよね。
次やる時は一度ヒモを引き出しておいてから引っ掛けていこうと思ってます。

 早速返信ありがとうございます。マイカ線は多少捻じれていても大丈夫ですよ。新品の巻きから出すと捻じれが強くなると思いますが私はトンネル1本分づつ、巻いてあるものを全部伸ばしてから引っ掛けます。ただ、その時に捩れは気にしないで作業をしています。ユーラック、もう7~8年使っていますが紐の捩れで破れたことはありません。風が強いのでビンビンに張ります。でも、もう、シートは耐久年数を越え、寿命ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆栽培用トンネル作り:

« 中途半端な・・・・ | トップページ | 遺跡調査説明会 »