菜園日記

  • H29.04.28新玉ネギ
     季節の菜園の様子を紹介します。  農作業写真日誌でしたが更新が進まず、菜園の様子をまとめる日誌に変更しました。

2017ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H29.05.15春キャベツ終了
    2016~2017年のブロッコリーキャベツ栽培の様子を報告します。

2016枝豆栽培

  • H28.06.07進む収穫
    2016年 枝豆栽培を画像で紹介します。

2016ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H28.03.20寒玉キャベツもそろそろ終わり
    ブロッコリー、キャベツ栽培を画像で説明します。

2015枝豆栽培

  • H27.06.30枝豆終了!
    2015年の枝豆栽培を画像で紹介します。

2014枝豆栽培

  • H26.07.09ソロソロ終了
     2014年の枝豆栽培、画像で紹介します。

2013枝豆栽培

  • H25.07.14枝豆終了
    2013年の枝豆栽培の様子を画像で紹介します。

2012枝豆栽培

  • H24.07.25枝豆最終日
    2012年の枝豆栽培を画像とともに紹介します。

2011枝豆栽培

  • H23.07.14残り僅か
    2011年の枝豆栽培記録を画像とともに紹介します。

2010 枝豆栽培

  • H22.07.24枝豆終了
     2010年の枝豆栽培の作業画像をアップします。興味のある人は参考にして下さい。

2009 枝豆栽培

  • H21.07.13枝豆終盤戦
     2009年度の枝豆栽培作業記録

2008 枝豆栽培

  • H20.07.22最終ロット収穫開始
    2008年の枝豆栽培の画像記録

2014ブロッコリー・キャベツ栽培

  • H27.03.05春キャベツ土寄せ
    2014ブロッコリー・キャベツ栽培を画像で紹介します。

2013キャベツ栽培

  • H26.05.19最後の収穫?
    2013年のキャベツ、ブロッコリー栽培の様子を紹介します。

2012キャベツ栽培

  • H25.05.17出荷終了
     2012~2013年のブロッコリー、キャベツ栽培を紹介します。

2011キャベツ栽培

  • H24.05.07出荷終了
    2011-2012ブロッコリー、キャベツの栽培の様子を紹介します。

2010キャベツ栽培

  • H23.05.16最終出荷
     2010~2011年のキャベツ、ブロッコリー栽培の様子を画像と共に紹介します。

2009キャベツ栽培

  • H22.04.14春キャベツの収穫
    2009~2010年のキャベツ&ブロッコリー栽培の様子を画像と共に紹介します。

2008キャベツ栽培

  • H21.05.01終了間際の春キャベツ畑
    2008~2009の冬野菜、キャベツ、ブロッコリー栽培の画像記録

2017年8月 8日 (火曜日)

台風5号は・・・

雨降りでブログの引っ越し作業中、このブログは更新しません。引っ越し先の次のブログは「ここ」をクリック或いはhttp://farmogawa.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-b542.htmlです。いつかは統合させます。頑張ります。

 今日は小雨の朝、風も強くはない。のろのろ台風5号、列島横断とは困ったものである。前橋では未明に強い雨降り、雨雲レーダーで今流行?の「線状降雨帯」らしき雨雲・・・・・。

 結局、強い雨はその時だけ、降り始めから今朝まで30㎜程度の降雨量である。台風は本番はこれから?苗間も心配だが天気の事はどうにもならない。画像は一番早いブロッコリー(おはよう-1)の苗の様子(昨日)。

H290807

 種蒔きさえすれば放置しても苗は育つ?あと10日足らずで定植開始である。 この天気では今日の農作業は無理、蒸し暑いし、涼しい屋内で待機である。

2017年8月 7日 (月曜日)

ミントの花

 台風接近、今朝は纏わりつくような湿気、朝の散歩で腕に汗が流れる。前橋でこの状態、西日本では更に蒸し暑いであろう。

 はぐれ台風5号、のろのろ行進では被害が心配である。前橋も午後から明日にかけて大雨の予報、苗間が心配である。画像は庭のミントの花&町外れの田園風景。

H290807_2H290807

 庭のミント、使われる事も無いが雑草扱いされずに生き延びている。この時期、画像のような可憐な花を咲かせる。涼しそうである。

 画像右は町外れの田んぼ、田植えから2か月?緑の絨毯のように生え揃っている。今は一旦、田んぼの水を抜き、根を張らせる時期となっている。

 とりあえず、急ぎの仕事もなく、今日も午後から汗を流しに温泉でも行こう。

2017年8月 6日 (日曜日)

ブロッコリー定植準備

 今朝は曇り空、昼から陽射しが射し始めた。・・・・蒸し暑い。九州、中国地方では猛暑日とやら、もっとすごい暑さであろう。更にはぐれ台風5号、被害の無いように願いたい。

 今朝は自治会の公園の草むしり、勤労奉仕、その前後の早朝、昼前と一番早いブロッコリーを栽培する予定の畑に肥料撒き&耕運を行い。10日後?に始まる定植の準備を行った。

 前記のように大変な蒸し暑さで作業終了時には全身、汗だらけである。デブには辛い季節である。画像は肥料撒き後の畑の様子。

P8060001

 既に堆肥(緑肥+鶏糞)は投入済みで今日は連作対策の殺菌剤(少々)、石灰窒素、苦土石灰の撒布である。

 連作で怖いのが「根こぶ病」、殺菌剤の必要性は??基本的にpHを中性(酸性で発生頻度高)にするように石灰多目で対応している。石灰窒素もアルカリ分が高く、その一助となっている。

 早生のブロッコリーは気温が高いために草勢、吸肥力が強く肥料が多過ぎると成長が早過ぎて花蕾が乱れるなど弊害があり、化成は追肥で調整である。

 この施肥の作業は定植直前が一番好ましいが一人農業、定植作業は忙しいので事前にこの作業である。しかし、あまり早過ぎると雨で肥料が流出したり、雑草が茂ったり・・・まあ、定植の10日前程度の実行である。

2017年8月 5日 (土曜日)

赤オクラ

 今日は朝から陽射しもあり、蒸し暑い、ここ1週間ほど涼しい朝であったがどうやら終わりらしい?。日中は暑くとも朝夕は涼しくあって欲しいものである。

 種蒔きの無い今朝は雨もなく、仕事もなく?、菜園の野菜採り、それだけで大汗である。画像は夏の菜園の赤オクラ&スイカ、涼しそうな赤城、覚満淵。

H290804_4H290804_5P8030006

 赤いオクラ、毎年栽培している。このオクラは市販のものでは無く、Uターンして家を建てた時の電気屋さんから種を頂いたもの、毎年、採種して栽培を続けている。

 電気屋さんは「原種」とか言っていたが確かに異様に丈が伸び、栽培種では無い感じである。しかし、味も良く、大きくなっても柔らかく収穫期間も長く秋まで楽しめる。私がこの種を拡散しているので家庭菜園で栽培している人も増えている。

 スイカは第2弾(4弾まである)、小玉スイカではない。家内の夏の飲料?欠かす事の無いように栽培であるが消費が追い付かない。

 最近は連日、朝の2時間程度で農作業終了、涼を求めて安近短のドライブである。画像は赤城山ビジターセンター近くの湿地?「覚満淵」、気温18℃、緑が濃く、夏の高原らしい景色である。画像中央の谷間(鳥居峠)から霧が流れ込み、短時間で湿地を埋め尽くして行く。

 このブログ、niftyの無料のcocolog、長年の記載で容量が上限に近づき現在、上級のものに引っ越しを計画中、これが中年オヤジには判り難く苦戦中である。上手く行くやら??。

2017年8月 4日 (金曜日)

寒玉キャベツ「彩音」種蒔き

 今日もハッキリしない天気である。今日の早朝の種蒔きに備えて昨日の午後、苗間の耕運を行い土を乾かしていたがまた夜間に小雨が降り、早朝を諦め9時過ぎから行った。画像は今朝の種蒔き後の苗間の様子。

H290804

 タキイ「彩音」は晩生種の寒玉キャベツで出荷は概ね翌年3月で私の播種タイミングは通常よりやや早い。このタイミングでのメリットは12月には一部結球し、3月と言わず12月から相場を見て拾い採り出荷が出来る。

 デメリットとしては当然、生育時期が早い暑い時期となり虫害対策が多く必要となる。キャベツの初期の虫害(虫食い)は致命的、気温が下がるまでは行いたくはないが防除が必須である。

 先シーズンも同様であったが最近、「彩音」より収穫の遅い4月採りの寒玉キャベツの相場が良い。今シーズンも秋蒔きで一番遅い春採りの寒玉キャベツ「野崎種苗、冬のぼり」も栽培予定(8/15~20頃播種)である。

 しかし、野菜は相場もの、先シーズン、寒玉キャベツまでは好調であったがその後の春キャベツから近年にない低空飛行、今でも続いている。今年はキャベツで有名な嬬恋でもガッカリであろう。暖冬(豊作貧乏)はNG、厳冬、やや天候不順の方が収入は高くなる?。

2017年8月 3日 (木曜日)

シート劣化

 今朝も曇天、最低気温が21℃と低く、窓を開けての睡眠は寒いほどである。昨晩はまた小雨、本当に「梅雨明けではなく梅雨入りでは」と思うほどである。

 今朝はやや湿り過ぎだが2回目のブロッコリーの種蒔き「おはよう2回目」を行った。

 いくら涼しいとは言え、種蒔き作業で大汗である。散水ポンプを購入したのに今年は全く出番がない。前回は播種後にゲリラ豪雨、今回は降らないで欲しい。次の種蒔きは明日、寒玉キャベツ「タキイ、彩音」の予定である。画像先日まで行っていた土壌消毒のシートの劣化の様子。

H290731_2H290731

 土壌消毒に用いているシート(ビニールシート?)、永久的に使えるものでなく劣化し脆くなってしまう。密閉性は必要で穴が開いては使用不可である。

 6月中旬から1か月半、日射に曝され、劣化の要因は紫外線、熱、水分・・・と極悪条件である。
 概ね3シーズンで寿命を全うしてしまう。今年は撤収時に劣化が進みよいタイミングだった。

 環境にやさしくないですね。石油製品(エネルギー)の大量消費、このシートは来年、有償処分である。

 どんなに丈夫でもモノには寿命がある。人間も年金を受給するような年齢となるとアチコチ、劣化が目立ってくる。眼、歯・・・医者に行こうかな?である。

2017年8月 2日 (水曜日)

種蒔き延期?

 今朝は霧雨、早朝散歩もNGである。予報通りにヒンヤリ、低気温である。

 昨日の午後の関東地方のゲリラ豪雨、前橋北部は雨も降らず無縁で予報では今朝まで曇り、畑も乾き、気温も低く、今朝はブロッコリー(おはよう2回目)の種蒔き実施の予定であったが・・・日付が変わるごろから前橋上空に小さな雨雲が停滞し、朝まで降り続き雨量6㎜と湿った畑に逆戻りである(昨日、実施しとけば・・・)。画像は今朝の苗間の様子。

P8020001

 「昼には出来るか?明日に延期?」 種蒔き時の畑の湿り具合は苗の出来に影響が大きく、苗にとって一番良いのは乾き過ぎで散水が必要な程度である。

 これは種蒔き前の耕運で湿り過ぎていると土を練り込んだ状態となり根張りが悪い、苗を取る時に根が切れてしまうなど定植時の活着に好ましくない(今時、地床苗では参考にならない?)。

 上記を考慮すれば無理せず、明日に延期だが天気の事は神様しか知りえない事、毎回、良い条件ばかりではなく、播種タイミングもあり、毎年悩むのである。

 と言う事で今日も開店休業・・・連日の温泉が通いでは低収入も仕方ないですね。

2017年8月 1日 (火曜日)

メロン割れる。

 今日も泣き出しそうな空模様、相変わらず蒸し暑い。今朝は先輩の葬儀(9時~)があり、仕事も気持ちも中途半端で農作業はなし、午後は日帰り温泉である。

 その先輩、高齢(83)ではあるが2年前までは現役で出荷組合で売り上げベスト3、頑張っていたのに残念である。また、綺麗な出荷荷姿など丁寧な仕事に多くを学ばせて頂いた先輩であった。画像は割れてしまったメロン。

P7310003

 楽しみにしていたメロン、画像のように成っている状態でひび割れ、甘いメロン、蟻さんの餌食となってしまった。大きく残念~である。

 メロンに限らず、鈴なりのミニトマト、スイカも同様にひび割れで壊滅状態である。原因は過剰水分?ここ1週間ほどの多雨である。

 珍しい事ではないが極端な天候は困りものである。今は種蒔き、育苗であるが定植の8月末頃からはこの多雨の反動で「雨降れ~」と雨乞いの毎日であろう。

2017年7月31日 (月曜日)

草刈り

 今日は朝からカンカン照り、気温が高い上に蒸し暑い、雨が降っては文句、晴れても文句である。

 南の海にウロウロ台風5号、何処に向かうのか農業にも大きな影響がある。画像は草刈りの様子。

H290731P7300002

 雨降りに高気温、雑草も子孫を残そうと必死で本当に驚くほどの成長速度である。画像はM牧場からの借地畑、道路沿いの草刈り前後の様子である。長さ100m、この春から4回目の刈り払いである。

 刈っても刈っても延々と生えてくる。この時期は農作業の80~90%は雑草対策である。

 画像の雑草、除草剤の使用も可能であるがM牧場のもの、農薬は好ましくない。一気に刈り払い30分で完了である(大汗)。

 そろそろ、ブロッコリー(おはようの2回目)、キャベツ(彩音)の種蒔きタイミングが近づいた。天気予報と睨めっこである。

 朝のニュースでも言っていたが「記憶にない」国会答弁の官僚、国民の為に働いているのではない事は明らかである。「税金返せ~!」である。

«4サイクルエンジンポンプ購入